借地権とは一体何?上手く活用すれば資産運用ができる

知らない人が多い

借地権について詳しく説明できる人は、不動産関係の仕事に就いている人以外あまりいないと思います。その理由は、借地権が土地に関することだからです。しかし、借地権について理解しておけば、不動産を上手く活用できるかもしれません。

上手く不動産を活用できる借地権について

no.1

土地と建物を有効活用できる

借地権を上手く活用すれば、土地と建物を資産として有効活用できます。投資目的や税金対策など色々と行なえて、将来の相続対策も行なえます。最近は、サポートしてくれる業者もあり、借地権についてあまり詳しくなくてもしっかりと対応してくれるので安心です。

no.2

地主さんとの関係が良好に

借地権は、土地を借りる権利なので元々の土地を所有者である地主さんがいます。そのため、地主さんに土地を借りている対価として料金を支払うことになります。料金を支払っている間は、土地を活用することができます。また、間へ業者に入ってもらうことで関係を良好にすることができます。

no.3

種類があることを把握する

借地権の全体像としては、普通借地権と定期借地権があります。また、普通借地権は旧法借地権と新法借地権に分かれて、定期借地権は一般定期借地権・建物譲渡特約付き借地権・事業用定期借地権に分かれます。それぞれ異なるので、業者から説明を受けて理解することが大切です。

借地権とは一体何?上手く活用すれば資産運用ができる

男女

難しく考えないこと

借地権について知識をつけるとなったら法律なども大きく関わってくるので、難しいと感じてしまうでしょう。しかし、簡単にいえば地主さんから土地を借りているだけの話です。借りている土地をどのようにして使うのかが一番大切です。

業者にサポートを頼もう

地主さんとの関係を良好にするためには、業者にサポートをお願いするのが一番良いでしょう。間に業者が入ってくれることでトラブルを起こしにくくなりますし、安心して活用することができます。

何か気になることは相談する

借地権を上手く活用するのならある程度知識が必要です。ネットでも色々と調べることができますが、初めてみる文言が多いので理解しにくいでしょう。そんな時こそ地主さんとの間に入ってくれる業者に相談するようにしましょう。

広告募集中